HOME > advice3.

法人事業か個人事業か良く考えるべきです。個人事業か法人事業か、事業計画で決めます。個人事業もメリットが多い、自由度が多くて良い。

個人事業 法人事業

個人事業



法人事業

開業届[所轄税務署]

確定申告(所得)

所得控除・基礎控除etc

都道府県&市町村

法務局

決算申告

決算書・B/S・償却・他必須

初期メリット

個人事業





法人事業

申告が簡単

開業時期自由・変更可

事業内容変更が容易

経費範囲が広い


法人税の控除が定率

登記の信用力アリ

金融機関の活用

SCMの構築

求人制度多い

要注意

法人化


個人事業

公的補助金の申請時期が法人化前に限られる場合が有る


財務諸表の不備は融資の対象外になる。

法人事業も個人事業も、事業体は私物ではありません。

 第三の人格として常に尊厳を守り公益性を失わない覚悟が信用力です。


組織と人材教育

事業組織



人材教育






研修やセンミナー

  1. 事業は組織です。

  2. スタッフ・部下も人格尊厳が鉄則

  3. 組織は自然体では育たない。

  4. 社員に愛情を持ち、教育が正しく成長する結果へ導く。人を正しく育てるには本気の愛情が必須である。

  5. 失態を防ぎ言動を管理すると組織体に結果が出る。

  6. 統一対応が信用力である。(CSCRM)

  1. 机上論が多く効果が薄い

  2. 外部に頼るなら内部で育てる。(費用削減)

組織構築(会社等)

管理とは

  1. 些細な事にも責任を負う自覚を持つ(利己主義禁)

  2. 責任転嫁を許さない。(結果責任感)




起業や創業の人材・人脈起業や創業の人材・人脈創業へは人材・人脈の整理と確保

Fotolia_33739455_XS.jpgFotolia_33739455_XS.jpg

abm256.jpgabm256.jpg人脈は<金>ナリ誠心誠意です