HOME > advice1.

起業の心得、準備などは客観的な整理が大切です。複数の意見を検討しましょうスタッフは教育しなければ戦力に育ちません。

起業の心得と準備

自己の整理

  1. なぜ起業するのか?

  2. なぜそのビジネスが良いと思うのか?

  3. そのビジネスの需要・ターゲット層・成長性等を調査したか?

  4. ターゲット層と予定エリアの客観的な調査と分析が必要です。

  5. そのビジネス界でSCMの構築が可能か?

  6. そのビジネス規模と事業計画案を作成してください。

具体的な準備

人脈と資金

  1. あなたのビジネスに有効な人脈は?

  2. 今後必要な人脈の作り方。打算では人脈はできません。

  3. そのビジネスに必要な資金計画。

    資金とは、資本準備金、運転準備金、設備金などを指します。

    自己資金は最低でも8か月分、公的融資、補助金、検討しましょう。

  4. 資金の調達方法。

  5. 個人事業か会社設立?《資金計画で是非が違う》

創業への準備・習得

経理の基本


経営者の基礎


  1. 金銭出納帳と入出金から始めましょう。

  2. 経費と税法

  1. 経営計画・事業計画・キャッシュフロー・

  2. 社員教育・ブレーン育成・

  3. SCMと協力社の構築

独断は危険です、正しい相談先を確保してください。

    • 起業相談などの初期で必要な項目です。詳しくはお問い合わせください。


創業と要点

創業・経営

  1. 個人事業



  1. 法人事業

  1. 小さく始めて大きく育てる・・・基本です。

  2. 自由度が高いので期中の変更が可能です。


  1. 既に法人・法人限定の業種などは、会社設立が優先。

  2. 初期資金で補助金を申請する時は要注意です。【ご相談ください】

  3. 経営計画・事業計画・に於いて法人化が定まる場合。

  4. FC加盟などは適切な専門家と相談してください。

「初期投資の回収や償却が困難なケースが多い」謳い文句には要注意。

経営者の基礎

金銭管理



社員教育と管理

  1. 金銭出納帳から始めてキャッシュフローを学ぶことです。

  2. 財務諸表の基本を知る。


  1. 人の管理と指導教育は非常に重要な基礎です、

  人の管理は金銭管理と考えてください。





25-abm12.gif25-abm12.gifお金の管理も大切です

25abm-011.jpg25abm-011.jpg慌てて法人化しないで下さい。

abm253.jpgabm253.jpg経理や簿記も覚えましょう